校長室から

ご挨拶

世界自然遺産の島に存する学校として

  • 校長 新妻 茂

  • 小笠原中学校は、東京竹芝桟橋から約1000㎞(平成28年7月に就航した3代目おがさわら丸で約24時間)離れた父島にあります。小笠原諸島は2011年6月に世界自然遺産に登録されました。おがさわら丸の乗船客数も世界自然遺産登録後はそれ以前と比較すると1.7倍に増加し、一躍観光スポットとして脚光を浴びることになりました。

小笠原は一度も大陸と陸続きになっていない「海洋島」です。小面積の海洋島でも進化の証拠があるということが小笠原の世界自然遺産としての価値なのだそうです。要するに小さい島々でも新しい種が次々うまれるとか、生息環境に合わせて形態が変わるなどの進化の証拠が詰まっているということです。

世界自然遺産としての価値を守っていくことは容易なことではありません。すでに入り込んでいる外来種をコントロールしたり、移動を防いだりしなければなりませんし、過度な利用を避ける必要もあります。観光等の利用にあたっては、希少な動植物の保護・保全のために様々なルールも設定されています。

将来にわたって世界自然遺産としての価値を守っていくために、本校では小笠原の自然や文化、将来の課題について理解を深める教育活動を総合的な学習の時間を中心に展開しています。世界自然遺産登録を機に一層国際化が進展すると予想されますので、国際理解教育にも力を入れているところです。

今の中学生たちが、将来どのような小笠原にしていくのか。彼らのより良き成長を促していくことが、私たち教職員の大きな使命であると自覚しているところです。

学校経営方針

平成30年度学校経営方針

Top